性能向上リノベーション

建物の中にいても暑くて寒い、カビが発生して困っている、なんだか体の調子が良くない。

なんてことはありませんか?

古い建物では断熱が適正に施されていないことによる過剰な冷暖房、カビ菌の繁殖、近年増え続ける電磁波などで体の不調を訴える人が急増しています。

私たちは「リフォームをするのなら合わせて性能を向上させるリノベーションもご提案させていただきたい」と考えています。

亜熱帯化が進む昨今、これからは表面の見栄えだけを綺麗にするのではなく、身体を健康に保つために今必要なことを考えて建物をメンテナンスする時期に来ているのではないでしょうか。

20年以上経っている建物なら新築時の断熱性能はほぼ無くなっています。それ以前に断熱を施していない建物もあるでしょう。

現在の新築住宅やマンションが暖かいのは断熱性能が上がっているからであり、性能を向上させることで同レベルまで押し上げることは可能なのです。断熱性能が上がれば必然的にカビの発生も抑止され、きれいな空気のなかで暮らすことが可能になります。

また、電磁波が人体に及ぼす影響も近年問題になっています。電磁波について詳しくは こちら をご覧ください。

ページの先頭へ