戸建住宅耐震補強

耐震補強とは、耐震診断の結果をもとに、建物の耐震性を高めるために主要な構造部分を補強する工事のことです。具体的には、壁や基礎、土台・柱下、接合部など建物に対する補強工事が主な耐震補強工事です。

阪神・淡路大震災以来、耐震補強の重要性については広く認識されるようになりました。大きな地震が起こるたび地震力を重点においた法改正が行われてきましたが、昨年の台風被害では風圧力による甚大な被害が発生しました。温暖化が進み続ければハリケーン級台風や竜巻などが頻繁に発生するようになり「家が揺れてる!」という事が年に何回もあるかもしれません。

国や県の補助を受けるには必要要件がありますが、今お住いの住宅がこれからも暮らし続けたい建物であるならば一度診断をご検討されてはいかがでしょうか?

ひょうご住まいの耐震化促進事業(申し込みは各市町村となります)

つむぎは 兵庫県「住宅改修業者登録制度」 に登録していますので、安心してご相談ください。

ページの先頭へ