マンション・戸建て住宅 リノベーション

マンション・住宅から古民家再生まで

住宅の空き家率は過去最高の13.6%(2019年公開版) となっており、全国の空き家数は846万0000戸、 前回調査の2013年分と比較すると3.2%・26万4000戸増加しています。

また、兵庫県のマンション空室率は19.9%、神戸市のオフィス空室率は4.06%となっています。

そこで注目されているのが安い物件を購入したり、今お住いの住宅やオフィスを自分好みに改装する「リノベーション」です。

リノベーションってリフォームとどう違うの?よく聞かれる質問ですが、実は明確な定義は無いのです。しかし、あえて説明をすると

リフォームとは見た目や性能を「建てた頃の状態に戻す」

部分的・表層的な改修工事で、古くなった住まいを新築当時の状態に原状回復するためにおこなう工事のことをリフォームと考えます。新築だった建物が時を経て汚れたり痛んだりした箇所を新築の状態に近づけるための改修です。例えば、剥がれた壁紙を貼り替える、古くなったキッチンを新しいものに取り換える、など見た目の回復工事が挙げられます

リノベーションとは「箱はそのままで、新しく自分好みにつくり変える」

住宅自体の性能を最新のものに見直したり、新しい価値を生み出す改修のことをリノベーションと考えます。間取りから内装・配管などすべてをゼロから考え直し、これから使う人たちの暮らしに合わせてつくり替えることで例えば、仕切り壁を取り払い光と風が通る広々としたリビングをつくる、ファミリー用のお部屋をひとり暮らしに適した間取りや機能に刷新する、等が挙げられます。また、壁を全て取り払ったり床を剥がしたりすることで、既存の建物が持っていた問題を一掃することも可能です。

今のお住まいでは家族構成が変わらず、建てた頃と同じ暮らし方をしていますか?

今のお住まい、オフィスでは広すぎたり、狭すぎたりしませんか?
今のお住まい、オフィスで不便や不調を感じていることはありませんか?
田舎暮らしに憧れはありませんか?

つむぎ建築舎では、お客様の要望をじっくり伺ったうえで「今のあなたに、今の暮らしを」をコンセプトとしてリノベーションをご提案させていただきたいと考えています。

リノベーション施工事例

POPなインテリアで全面リノベーション

新婚夫婦の居心地のいい家

団地全面リノベーション

風通しはそのままに、使い勝手は今どきに

耐震補強リノベーション

基礎も土台もない築95年の住宅

耐震補強リノベーション 2

約1年のお打ち合わせ期間を経て3月に完成しました。この1年の間に、消費税増税、弊社の社名変更、コロナウイルスの影響等いろいろなことがありましたが、リミットまでに完成させることができました。

中古住宅リノベーション

水廻り設備機器の入替、内装材の貼り替えを中心に施工させて頂きました。
施主支給をして頂くことで、お施主様の手間は増えますがその分コストを抑えることができる方法も採用させて頂きました。

ページの先頭へ