くらしづくりの進め方

最高の「体験」の創造を目指して。

建築計画の順序について

「幸せな体験」から逆算する。

くらしかたはひとそれぞれ。

長い視点を持つ自分ゴト。

建築計画の順序について

  1.   家づくりの目的を明らかにする
  2.   安心できる安全な資金計画を立てる
  3.   今のくらしから課題を抽出する
  4.   くらしの体験をイメージする
  5.   体験をデザインに落とし込む
  6.   住まい手と作り手のイメージを合わせる
  7.   確かめながら、実際に建てる
  8.   イメージ通りのくらしを楽しむ

1.家づくりの目的を明らかにする

今あなたが「家を建てたい」と思っている理由は何ですか?家賃を払い続けるのがもったいないから?子供の入学に合わせて良い環境に引っ越したいから?親御さんの近くに住む必要があるから?
目的は千差万別、人それぞれです。まずこの理由がぶれないように進めていくことが重要になってきます。自分の頭の中に置いておく事、住宅を相談する業者さんにもきちんと伝えることが大切です。

2.安心できる安全な資金計画を立てる

元利均等で4,000万円を30年返済で借りる場合
ボーナス返済割合:0.00%  年間利子率:3.000%

の場合

返済総額:60,710,833円  支払利息総額:20,710,833円
月額返済額:168,641円  年間返済額(月額返済額×12):2,023,692円

の支払いとなります。

支払い例

回数  月額返済元本分 利息分 返済後残額
1 168,641 68,641 100,000 39,931,359
2168,64168,81399,82839,862,546
3 168,64169,15899,65639,793,561
4 168,64169,15899,48339,724,403
5 168,64169,33099,31139,655,073
6 168,64169,50499,13739,585,569
7 168,64169,67898,96339,515,891
8 168,64169,85298,78939,446,039
9 168,64170,02698,61539,376,013
10 168,64170,20198,44039,305,812

初めのうちは元本はほとんど減らず、利息ばかりを払っているイメージになりますね。この支払金額例+生活、教育、医療などに必要な資金を確保できることが幸せな家庭を築く大前提となります。

3.今のくらしから課題を抽出する

これは「カスタマージャーニーマップ」と呼ばれるものです。
カスタマージャーニーの意味の直訳は「顧客の旅」となります。顧客が商品に興味を持ち、検討し、購入し、さらに購入後の行動や気持ちに至るまでを「旅(ジャーニー)」と捉え、その一連の行動を時系列で分かりやすく把握する考え方を、カスタマージャーニーと呼びます。

上の例では直訳の通り旅の例を挙げていますが、当社ではもちろん「家を建てる」に焦点を絞ります。今お住いの住宅に関して気に入っているので残したいところ、使いづらくてストレスを感じているところ、などを洗い出します。

新しく始まる暮らしを想像しながら感情が上がるところ、下がるところを事前に予測しながら「貴方のためだけ」の暮らしをデザインしていくことが可能になるのです。

カスタマー・ジャーニー・マップのワークショップを通してくらしを細分化し、

心地いいくらし、
気持ちがあがる場所
楽しいと思える行動

解決すべき課題を抽出します。

4.くらしの体験をイメージする

新しい暮らしを始めるための住宅での体験を事前に頭の中でイメージすることにより、思い通りの暮らしを実現することができます。家族とペットがそろってリビングでくつろげる暮らし、大勢の友人を招待してパーティーが出来る暮らしなど、あなたの夢を形にしましょう。

5.体験をデザインに落とし込む

お伺いしたイメージを聴き手のデザイナーが図面に仕上げていきます。3D画像や現物サンプルなどを見ながら、お客様にもきちんとイメージしていただけるプランを提出させていただきます。

6.住まい手と作り手のイメージを合わせる

女性プランナーと二人三脚でとことん話し合うのが「つむぎ」のやり方。
提出させていただいたプランを元に、気になる部分や不安に思っていることを一つ一つ共有し、イメージの共有を深めていただきます。ぼんやりしていたイメージが着工前には頭の中で描けるのが理想です。

7.確かめながら、建てる、つくる

聴き手がお客様と共有したプランを、紡ぎ手も共有し工事がスタートします。紡ぎ手は社員大工であるため、何か疑問があればすぐに聴き手に確かめることができ、お客様の想いを間違いなく伝えることができるのが「つむぎ」の強みなのです。

工事の間は紡ぎ手が毎日の進捗状況をブログにアップ。どこにいても今どんな工事を行っているか確認することができます。

もしも自分が思っていたものと違う写真がアップされていたら、すぐにご連絡下さい。ご対応致します。

8.安心で快適なくらしを楽しむ

こうして、初めのご相談から一年近くの間、それ以上の期間がかかってお引渡しの日がやってきます。私たちは子供を手放すような少し感傷的な気持ちになりますが、一番のハレの日。これからお客様に可愛がっていただけることを楽しみにしつつ鍵をお渡しいたします。

そして、ここからが始まりです。「家は建ててからがスタート」昔からの私たちの合言葉です。

とことん話し合った想いがきちんと形になっているか、住んでからの不具合はないか、心地よい安心で快適な暮らしを楽しむことができているか。あなた自身で確かめて下さい。私たちはまた共有することをいつでもお待ちしております。

ページの先頭へ